クヌギ林に響く声

 本校のクヌギ林の中に、「高嶺の間」と「清流の間」という東温らしい名がついた二つの和室からなる平屋建の「くぬぎ会館」があります。(和室の他に資料室や給湯室、お風呂やシャワーもあります!)クヌギ林が日差しを遮ってくれるので、館内にはひんやりとした空気とどこか懐かしい畳の匂いが漂っており、心が落ち着きます。

 このくぬぎ会館では、茶道部と演劇部が部活動を行っています。特に演劇部は、和室で柔軟体操や発声練習、演技に熱心に取り組んでいます。そのため、クヌギ林には高笑いや泣き叫ぶ声、時には悲鳴が響き渡りますが、部活動時間中は演技ですので、ご安心を。見学できます。ぜひ一度、くぬぎ会館にお越しください。